第1弾【Agip Motor Oil】

オイルには「摩擦を低減」し、エンジン内の部品を

常にスムーズに動かす役割があることは皆さんも

ご存知のとおり。

それ以外にも、「エンジンを冷却する」「隙間を

密閉する」「金属同士の衝撃に対してショックを

軽減する」な様々な役割があるのだ。

特に、レーシングオイルにはそれら全てにおいて、

高い効果が求められるというわけだ。

それでは、どのようにオイルを選べばいいのか・・・

オイルの基礎知識を少し解説します。

エンジンオイルには植物油、鉱物油、化学合成油などがある。

【植物油】

食物油などにも使われる製法だが、

ガストロールなど2stレーシングオイル時代には一般的。

【鉱物油】

原油から精製される鉱物油。植物油より燃焼しにくく、

高温でも粘性を保ちやすいため、エンジンやギヤオイル

に使われるようになる。

次に、オイルのラベルに表記してある

【○○W-○○】について・・・

エンジンオイルは限界走行時となる高温・高負荷時での性能と、

始動する時などの低音での始動性の双方が求められる。

これら両方に対し基準値を設け、それを満たすことを

示しているのが【○○W-○○】という表記(マルチグレード)。

○○Wのほうが低温時、-○○のほうがオイルの性能を発揮

できる高温側の目安。

 

上記写真でも右側のレーシングギアオイルのほうが

数値が高いのにも納得。

もっと詳しく聞いてみたいという方は、

tel:054-367-7440までぜひご連絡を!

オジャズ・ブログ
オジャズ・ブログ
オジャズ・レーシング
オジャズ・レーシング
エスパルス・ドリームレーシング
エスパルス・ドリームレーシング
mosyoのレーシングワールド
mosyoのレーシングワールド
ダートフリーク
ダートフリーク
エニ・オイル
エニ・オイル
ダルトン
ダルトン
トランポプロ(株)
トランポプロ(株)
ライダーのトランポなら↑
ライダーのトランポなら↑